COLUMN

05.家計

「貯金できない」という悩みの解決法

なぜかお金が貯まらない方へ

・このままでは不安。 なんとかして、お金を貯めなきゃ!
・どうしていつもお金が残らないんだろう。
・家計簿をつけているのに上手くいかない。
・支出が重なってどうしようもない。

・毎日忙しくて、無駄なものは買わない!と決意するけど流されてしまう。
・夫婦で家計がどんな風になっているのかよくわからない。
・話合いもできない。

・教育費もこれからたくさんかかるのに、どうしたらいいの。
・老後はこのままじゃ破綻しちゃうのわかってるけど、どうしたらいいの。
・結局いつも堂々巡りで、不安。

あなたは、貯金ができるようになります。

私が、相談業務を受けながら発見したことのひとつは、
「あれ? 自分には、目が、横にも、後ろにもこんなについてたんだっけ? ?」
ということです。

相談にいらして下さった方が
長年、自分でなんとかしようと努力し、奮闘し続けて上手くいかなかった問題であっても
解決していける道すじが、はっきりと見えるのです。

相談者さまには見えていない景色が
私には、お会いする回数が増えるほど見えてきます。

下の2つの問いについて、考えてみてください。

1.川で溺れていたら、まわりの景色がよく見えるでしょうか?
ここでの「溺れていたら」は、経済的に困窮しているという意味ではなく
何かに一生懸命悩んでいる状態のことです。

2.トンネルの中を歩いていたら、トンネルの外側にも色とりどりの景色が広がっていることに気づけるしょうか? トンネル先に、一筋の光として見えている小さな景色だけが、解決方法では実はないのです。

あなたに必要なのは、絶対的なあなたの味方である伴走者

貯金ができないのは、あなたが決してだめなのではありません。

どの家庭もそれぞれに状況が違います。
ネットの教科書通り、紋切り型のアドバイスは、あなたの状況に合わせてはいないのです。

あなたが、本当に「今のままでは嫌だ」「なんとかして変わりたい」と思うのなら
必ず貯金はできるようになります。(※)

けれど、かけ間違えたボタンのままでは改善は見込めません。
どこをかけ間違えているのか? ひとつひとつ遡って、確実に見つける作業をすっとばしては
いくら頑張りつづけても努力はズレいってしまうからです。

(※)起業直後、失業中、大学生の子が複数人いる等~何か特別な状況の場合はここでは除きます。

これまでの人生で、あなたには・・・

あなたが、貯金ができるようになることを願い続けて
一緒に走ってくれた人がいたでしょうか?

部分的なアドバイスを言って立ち去ったり
ちょこっと相談にのってくれる人ではなく

あなたと同じ気持ちになって、共に喜び、共に悲しみ
成功を信じて、寄り添って、一緒に走り続けてくれる人です。

「大丈夫」「よく頑張ってる」「一緒にがんばろう」
「全体的な位置からみたら今はここ」「心配なことがあったら何でも言ってね」
「こんな方法もあんな方法もあるけれど、どちらがいい?」

あなたの走る道が、あなたの望むゴールにちゃんと向かっているか確認し
あなたのことを信じて、一緒に汗かき走ることができる人です。

思えば、受験の時、社会人になりたての頃、ケガや病気をした時、初めての子育て、
頑張りを認めてくれる人がいて、応援してくれる人がいて、できるようになれた事がたくさんありませんでしたか?

お金のことも同じです。

専門家である私から見たら、たまたま複雑なことが重なっただけで、教わったことがなかっただけで、挫折する必要なんて全くない
ボタンのかけ間違いを直すだけで大きく可能性を伸ばしていることが多々あるのです。

家計の適正化だけで、家計の未来シミュレーションが
数百万、1千万以上かわることもあります

考えてみてください。

ひと月3万円の差も、30年間続けば、1080万の差なのです。
・・・決して大げさな話ではないと、分かって頂けましたか?

私は、女性の方々から、日々、お金まわりのご相談を受けしていますが
伴走は、相談者さまの可能性が広がる本当にやりがいのある業務です。

「貯金ができない」だけではなく、お金のことは、生きること全てに関わってくるので
「資産運用がわからない」「保険がわからない」などいろいろ伴走しています。

いつもご相談者さまの幸せを願って、アンテナを張って頭を働かせているので
電球が光るように、お金の専門家として伝えなければならない色々な事が浮かんできます。

そういう経験から
「貯金ができない」とお悩みの方にどうしても申し上げたいことは、

今の状況は、自分がだめだから起きたことでは決してないということです。

家計簿がつけられないことも、だめなことでは全然ありません。
私も、自分に合わないやり方の時は、落第生気分一色だったんですよ。

あれほどストレスで見るのも嫌になっていたのに、
自分にぴったり合ったやり方なら、難なくできるのです。

やり方はひとつではありません。

ですから、もしご自分で解決できないと感じたら
ぜひ、早めに信頼のおける独立系FPの方の門をたたいて欲しいと思います。

なぜなら、何年もの悩みとなっている方も多く
大切な人生で、無駄に悩んだりする時間をこれ以上増やしてほしくないからです。

1回の相談で、魔法のようには解決はできませんので、もちろん継続的な相談料はかかります。

けれど、これまでとは違う生活が待っているのです。
何かを教わったり、自分の立場になって専門家にマンツーマンで伴走してもらうには、授業料がかかるのは普通のことではないでしょうか?

ましてや、扱ってもらう内容というのは、
時に命にも関わるような、極めて大切なお金のことなのですから。